線と曲線と

 

今日はスプーンを

磨き途中のウォルナットのスプーンです

もう少し磨いたら塗り待ちの列へ

 

なにを塗ろうかなぁと今考え中です

 

 

この手の曲線が好きです

 

基本カーブだとか丸みだとかそういった

やわらかなイメージが好きなように思います

 

ただストレートなものと違って若干削るのに手間がかかりますね

 

 

 

 

 

 ストレートなのはこんなんですね

オーソドックスなというか

 

いわゆる「木のスプーンです」っていう感じの

 

ただなんとなくこういう姿のほうが「匙」という名がしっくりきます

 

 

こちらはこれから磨きます

 

 

相変わらずマイペースにですが

程よい作り熱の冷めないように作り続けようと思います

 

 

ではまた

 

 

 

 

 

コメントする