SundayCafe三春 2

「お好きな場所へどうぞ」

スタッフさんに迎えられながら二階の部屋へ

2012.09.08

SundayCafe三春

 

日も傾いて

吹き始めた風に暑さも和らぎ

夜の足音が聞こえてきたころにメインイベントの始まりです

 

今回のメインイベントそれは

宮内優里(miyauti yuri)さんのライブです

宮内さんにつきましてはこちらを

↓↓↓

http://www.miyauchiyuri.com/

 

はい

 

ワイン片手に入ったその部屋

ライブ会場は畳の日本間

 

窓にはしょうじのはられた建具があり

奥には床の間のあるまさに日本の和室です

 

そこの一角に

なにやら見慣れないいろいろな機材が

 

わくわくしながら

それでも

懐かしいようなその日本間の空気にほっとしながら

 

「お腹空きますかね」と山田さんと

スタッフの方が準備してくださっていたおつまみを買いに

 

 

選んだのは

おつまみ3点盛り

 

ナッツと塩麹トマト

それからなす

個人的にこのなすがとてもおいしかったのです

これも塩麹だったのかな?

 

 

そんなおつまみ3点盛りと

赤ワインからチェンジしたスパークリングワインを持って畳の上へ

 

その頃には

外も薄暗くなり

 

やわらかな照明の灯りと

畳の肌触りになんとも心落ち着かされて

これからライブだということを忘れてしまいそうでした

 

のんびりとワインをのみながら

おつまみをつまんで

 

 

なんだかすっかりいいきもち

 

座布団を枕にして畳にごろん

 

ここがライブ会場だなんてうそみたい(笑

 

 

そんなすっかりいい気分なところで

ザざっと襖があき

 

「どうもー」と宮内さん登場

 

宮内さんは

 

想像していたよりもずっとやわらかな方でした

 

挨拶がてらすこし話して

「このいただいたアイスティーからはじめてみましょうか」

 

 

おもむろにマイクに向けてアイスティーの氷を

 

カランカラン

 

と鳴らす

 

するとその音が会場に響き始める

 

そして氷の音の響く中

また別な音を鳴らす

 

そうすると

始まりの音に

次の音が重なる

 

 

邪魔をしないで

 

仲良く踊るように

 

そうして

輪になって

手を繋ぐように

 

たくさんの音が鳴らされて

ひとつの音を奏でる

 

宮内さんの音楽は

そんな風に感じた音楽でした

 

 

 

畳に寝転んで聴いていると

 

一人オーケストラみたいだとか

音が入っていく様子が大縄跳びみたいだなぁとか

 

そんなことを徒然と浮かべ

 

ただ心地よく

あっという間に時がすぎていきました

 

 

さてと

SundayCafe三春レポートこれにて終了です

 

拙い文章できっと

伝えたいことや感じたこと

伝え切れてはいないのだろうなと思います

 

次回からはかきたいことはメモにとって記憶をひっぱりだせるように付箋をつけておこうと思います

なにはともあれ

素敵な時間をすごせました

これにつきます

 

素敵な音を奏でてくださった宮内優里さん

 

そしてSundayCafe三春に携わったすべての方々

素晴らしい時間をありがとうございました

 

 

 

 

コメントする