夏の眠り

深さを浅くして

薄くしたからか軽いですとてもこれ

 

土曜日

 

ビーチパーティーから帰る途中

喫煙所でタバコ

 

ふと隣をみたら

 

横になって熟睡しているスーツ姿の方がいた

 

きもちよさそうだなぁ

 

そう思い横になったら

 

気持ちよかった

 

 

見上げると

空に伸びる高層ビルが見えた

 

 

ほんの小一時間前に見上げた空は

綺麗な星空だった

 

ずいぶんとまぁ変わるものだな

 

そんなこと思っていたら

隣の方と同じく爆睡

 

 

気がつけば一時間経過していた

起きてひとつ伸びをして

 

さて帰ろうか

そう思って反対側を見たら

 

まん丸な月が見えた

 

これもまた高層ビルの隙間になんだけれども

 

やっぱり綺麗だった

 

 

 

大事なのは

今いるところっていうよりも

 

 

どこにいても

いたいところにいれること

 

 

高層ビルの真ん中にいても

波の音を聴きながら星空を見上げられていること

 

どこにいても

 

どこにでもいけること

 

 

なんだかそんなことを考えながら月を見ていたらまた一眠り

 

 

いい加減もう帰れ

 

と夜中に帰宅したのでありましたとさ

 

そんな土曜日を思い出しながら

 

さあ眠りに向かう月曜日の終わり

 

明日もよい一日にしよう

 

皆様よい一日を

 

 

 

 

 

 

 

コメントする